信州真田小松姫プロジェクト
 信州真田小松姫
プロジェクトとは

 プロジェクト
メンバー

 小松姫グッズ
販売処

 製品
ポリシー


  NHK ONLINE
  ◎「小松姫御霊屋の棟札発見」2016/5/13
  ◎「真田節・販売開始」2016/4/29
  ◎「真田節CD化へ」2016/4/27
  ◎「しゃべくり松代第286回へ出演」2016/04/18
  ◎「4/28号女性セブンで」2016/4/15
  ◎「小松姫が「真田丸-第16話」に登場予定」2016/3/28
  ◎「BSTBS、SBCで紹介されました」2016/3/26-3/28
  ◎「上州沼田真田丸展・OPEN」2016/03/20
  ◎「真田丸・追走」2016/03/20
  ◎「松代マルシェオープン」2016/3/3
  ◎「小松姫観光親善大使」2016/3/2
  ◎「小松姫命日・法要 大英寺」2016/2/24
  ◎「小松姫グッズ販売店ご案内」2016/2/4
  ◎「小松姫肖像が、6/29~9/26真田宝物館にて展示される」2016/1/26
  ◎「真田家14代当主真田幸俊氏にご報告」2016/01/17
  ◎「上田ドラマ館OPEN」201601/17
  ◎「小松姫供養と祈願魂入れ」2016/01/15
  ◎「小松姫ゆかりの袈裟」2016/01/04信濃毎日新聞
  ◎「2016元旦に、信濃毎日新聞で紹介される」
  ◎「上田市サントミューゼで、来夏、特別展「真田丸」を開催(2015/12/29信濃毎日新聞)」
  ◎ 「真田大博覧会」2016の実行委員会が開かれました!(真田丸ニュースヘLINK)
  ◎ 「真田大博覧会」2016パンフレット(銀座NGANOへLINK)
  ◎ 「戦国の絆」真田宝物館特別企画展
  ◎「信州上田真田丸ドラマ館」ご案内
[信州真田小松姫] 商標登録出願中 小松姫グッズの
企画、製造・販売 

 

皓月山 大英寺


大英寺所蔵/小松姫肖像


松代大英寺は、1624年松代藩初代藩主真田信之がその妻 小松姫(本多忠勝の娘、徳川家康の養女)の菩提を弔う為に建立したお寺で、明治の大火をのがれた霊屋は(万年堂とも 称した)今なおその雄姿をとどめています。大英寺には、小松 姫のお位牌はもちろん、多くの遺品が残されています。

大英寺本堂は、江戸時代初期に建てられた霊廟建築の遺構として貴重な事から、昭和41年(1966)に長野県指定県宝となっています。また、表門(切妻、桟瓦葺、四脚門)も霊屋の正門として建立された貴重な古建築物として、同じく長野県指定県宝に指定されています。

小松姫は真田家を救った、良妻賢母と称えられており、「犬伏の別れとして有名な、真田父子の三者会談の後に、孫 の顔が見たいと立ち寄った沼田城で、小松姫が舅・真田昌幸 を追い返したとされる逸話は、有名な話です。その小松姫のお位牌を今なお守る大英寺霊屋は、大切な国、県の文化財です。

NHK大河ドラマ「真田丸」の放映を機に、真田の町「信州」への注目が高まり、日本全国から多くの方々が信州(上田市、長野市松代町)へ来られる事でしょう。 そして、大河ドラマ「真田丸」によって、真田家存続に重要な役割を担った、松代藩初代藩主真田信之の正室「小松姫」の存在に注目が集まる事でしょう。松代「大英寺」には、小松姫の霊屋があり、お位牌や多くの遺品が残されています。それらは松代の貴重な財産であり、重要な観光資源であります。

信州真田小松姫プロジェクトは、大英寺が所蔵する「小松姫」の肖像や遺品を多くの方々に知っていただき、大河ドラマ「真田丸」放映を良き機会として信州を盛り上げたいとするものであります。
 


 運営 : 有限会社第一サービス
〒381-0023 長野県長野市風間724
TEL026-221-2555 FAX026-221-4838
info@komatuhime.jp



商品詳細  特定商取引法に関する記述  ショップ案内  プライバシーポリシー